リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > 会社概要 > セミナー

山口明雄 メディアトレーニング

山口明雄のメディアトレーニング

マスコミに上手に売り込むために 記者会見、危機管理の練習に

「メディアと話すとき、自信を持って対応できるか不安」
「自分で説明した内容と、違う記事が新聞・雑誌に載ってしまった」
「不祥事が起きた時のために、危機管理広報の対策をとりたい」
「マスコミが本当に聞きたいこと・本音を知りたい」
「社長や役員などに、記者会見・インタビューの練習をさせたい」

こんな経験、考えを持ったことはありませんか?

メディアトレーニングは、
マスコミへの対応力を高めます。

 

「記者会見」や「個別インタビュー」を効果的に、失敗なく行うための、「話し方」と「テクニック」の習得、訓練をします。

メディアトレーニングは、目の前にいない読者・視聴者に、第三者の記者が書く記事をとおして、あなたの思いを、自分の考えた通りに伝える訓練です。

あなたのコメントや主張をその通りに、あるいは主張通りに要約して記事にしてもらう方法です。

そのためには特別なテクニック、特別な話し方が必要です。

初めてマスコミの取材を受ける・・・
大事な記者会見をしなければならない・・・
テレビカメラが向けられる・・・

こんなとき、とても通常の心理状態を保つことはできません。
ドキドキするのは当たり前。不安な気持ちになるのは、むしろ自然でしょう。
通常の「話上手」ではまったくでは役に立ちません。

ましてや、不祥事が起きた時には、
一斉にカメラが向けられ、容赦なくフラッシュが浴びせられ、どなり声が次々と迫り、騒然とした雰囲気、人混みにもみくちゃにされ・・・
日常とは似ても似つかない大混乱のなかで、説明をし、質問に答えなくてはなりません。

インタビューでも記者会見でも、相手が新聞・雑誌であろうが、テレビであろうが、「いったん口にしたことは、記事・映像にして報道してよい」のが、マスコミの常識です。

取材は、公の場ですから、何を言おうと記録されます。
あとで「あれはなかったことにしてほしい」といっても、もう遅いのです。
つまり、何気なく不用意な一言をいってしまったら、もう最後です。マスコミは、企業の情報を多くの人に伝え、発展・販売促進の役に立ってくれる場合もありますが、ときとして暴力的になると知りましょう。

うまく言いたいことを伝えられないのは、
A・話すべき内容(範囲)が固まっていない
B・表現が上手にできない
C・マスコミの特性を知らない

などが考えられます。

しかし、これらの課題は、いずれも練習することで克服できます。

事前にシミュレーションをしましょう。
「備えあれば、憂いなし」

日本におけるメディアトレーニングの草分けであり、第一人者の山口明雄が、御社のマスコミ対応をお手伝いします。
日米欧の経営者など、400人を超す豊富なトレーニングの経験から、まずは、共通する欠点、クセ、べからず集などを列挙し、改善策を提示します。

模擬記者会見では、現役の記者が参加し、プロの質問、追及をリアルに感じることができます。

次に、参加者の模擬インタビューをビデオ撮影、プレイバックして、自分がどのように話しているか、何気ないクセや話し方に気がついていただきます。

インタビューの内容は、事前に、個別のヒアリングを実施し、御社のテーマに沿った内容で行います。御社の事情に合わせたワン・ツー・ワンのトレーニングです。

「重要メッセージの作り方」「こんなときはどう言うべきなのか」「何を言ってはいけなかったのか」「切り返しの話術」「話を広げるテクニック」などを、山口講師が映像を振り返りながら、1人1人にどんどんアドバイスします。

このトレーニングを受けることで、身をもってメディア対応を体験できるのです。


<マスコミ対応に自信を持って、のぞめるようになります>

 

このトレーニングで、
10の重要ノウハウを獲得できます!

1・危機管理広報のエッセンス
2・記者会見(インタビュー取材)では何を言うべきか?
3・スポークスパーソンにはどんな資質が必要か?
4・なぜ次から次へと企業にとって不利な報道が出てくるか?
5・メディアトレーニングの神髄、特別な話し方
6・サウンドバイトとクォータブルコメント
7・「キーメッセージ」の作り方
8・受け答えに真実性、説得性を持たしたり、分かりやすくするテクニック
9・「聞かれても話をしない」「自ら下手なことを言わない」訓練
10・メディア対応のヒント「言って良いこと」「言ってはいけないこと」、「失言をなくする方法」

 

★「マスコミ対応はこうしなさい!
 〜山口明雄のメディアトレーニング」
 DVD発売中!


概要:時間:DVD1枚組(92分)
価格:39,800円(税・送料別)
特典:山口講師の新刊「マスコミ対応はもう怖くない!
   メディアトレーニングのすべて」を無料進呈!
(日本唯一のメディアトレーニング本。全270頁。書店販売していません)

お問い合わせは今すぐこちらからは今すぐこちらから
DVDお申し込みはこちらから

※メールフォームはSSl認証を利用しています

 

次のような方は是非ご参加下さい。

企業の広報担当者
メディア対応がある、またはありそうな経営者、取締役
社長や上司のメディア対応を向上させる必要を感じる方
危機管理広報と緊急時のマスコミ対応の基本を学びたい方
不愉快なメディア対応(結果)の経験をお持ちの方
メディアの本音を知りたい方 etc

 

講師紹介
山口 明雄
メディアトレーニング講師

東京外大卒、NHK入局。その後、PR業界に。
日本マクドネル・ダグラスの広報マネージャー、世界大手のPR会社ヒル・アンド・ノウルトン・ジャパン支社長、オズマピーアール副社長を歴任。広報業務歴25年。
メディアトレーニングの専門家として、これまで130回あまり、延べ400名の企業トップ、役員、広報担当者にトレーニングを実施。

 

このメディアトレーニングを受講された方から
こんな感想がよせられています

先日ニュース番組の取材を受けて、ちゃんと答えたつもりが放送ではぼろぼろ。山口先生のトレーニングを受けて、よく理解できました。次は、大丈夫です。(50代男性 会社役員)

いきなり広報部に異動となり、記者とどう対応したらよいのかわかりませんでした。山口先生のトレーニングを受講して、対応の仕方だけではなく、メ ディアの本質が理解できたように思えます。(30代女性 メーカー広報部)

ビデオで録画すると、自分のクセがよくわかりました。メデイアインタビューの話し方は日常会話と違うんですね。
(30代男性・公務員)

メディア対応においても、準備がなにより大切なことがわかりました。キーメッセージの作り方がとくに役に立ちそうです。(40代男性)

もっと早く受けておけば良かった。部下に勧めます。メディア対応だけでなく、ビジネス全体に役に立つ。
(50代男性・大手企業社長)

記者って、こんなことを考えながら質問するのだな、だったらどう逆手にとればよいか、よくわかりました。(30代女性・転職支援会社勤務)

危機管理広報、とくにマスコミの恐ろしさが身にしみてわかった。しっかり対応を考えなくては。(30代男性・食品会社勤務)

答え方によって印象が大きく違ってくるとわかりました。内容より、メディアに応じた答え方で違いがでると。(40代男性・コンサルティング会社勤務)

 

「TVBros.」で紹介されました!

取材の様子はこちら

 

★「マスコミ対応はこうしなさい!
 〜山口明雄のメディアトレーニング」
 DVD発売中!


概要:時間:DVD1枚組(92分)
価格:39,800円(税・送料別)
特典:山口講師の新刊「マスコミ対応はもう怖くない!
   メディアトレーニングのすべて」を無料進呈!
(日本唯一のメディアトレーニング本。全270頁。書店販売していません)

お問い合わせは今すぐこちらからは今すぐこちらから
DVDお申し込みはこちらから

※メールフォームはSSl認証を利用しています