リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー >

PRノウハウ・ハウツー

 

テーマ:ニュース(プレス)リリースの書き方最終回

PR用ニュース(プレス)リリースはいつ送るべきか

さて、原稿ができあがったら、今度は送らなければいけませんね。

プレスリリースを出すタイミングは、いつ頃がいいのでしょうか。

役員人事や業績発表など、即時性を要求されるものはともかく、一般的な
新製品の発売や、新サービスの開始の場合を考えてみましょう。

考えておかなければならないのは、マスコミがニュースリリースを受け取
って、それを記事で紹介するまでに時間がかかる、という点です。

テレビやラジオ、インターネットであれば、即時性がありますから、プレ
スリリースを受けとった数分後に媒体に載せるということも可能です。

新聞であれば、早くて翌日です。
週刊誌なら、翌週。月刊誌なら、翌月。

つまり、メディアによって、そのタイムラグはさまざまになるので、その
特徴を事前に検討し、タイミングを見計らって送る必要があります。

まず月刊誌あてに先に発送する
・・・PRの重要ポイント

新製品情報などは、リアルタイムの情報が求められる事件や事故のニュー スとは違いますから、新聞や雑誌などでも早めにその紙面を作ってしまう のが普通です。「ストック原稿」といいます。 そのため、週刊誌で発売の2週間前、月刊誌では2か月前に情報を流し てようやく掲載の可能性が出てくると考えた方がいいでしょう。

つまり、できるだけ多くの媒体で掲載されるようにするには、2ヵ月前に
はプレスリリースを出していただきたいのです。

逆算すれば、PRの立場だけを考えると、できれば3ヵ月前には新製品な
どのリリースに書く内容を決定し、リリースの発送へ進みたいところです。

発送は一斉に行うのではなく、月刊誌など発行間隔の長いものを優先し、
次に隔週刊誌、週刊誌、そして最後に、新聞やテレビ、と順を追って出し
ていくことで、同時期に様々な媒体で紹介される可能性が高くなります。

どのような媒体に対しても同時にリリースを出すのが楽ですが、週刊誌や
新聞などにあまりにも早くリリースを出すと、忘れ去られてしまう可能性
もあります。ですから時期をずらしながらリリースを出していきましょう。

社内事情などで、新製品発売3ヵ月前までに商品の詳細が決まっていない
場合には、最低でも、2か月前までには細部まで詰めておき、すぐに送信
しましょう。

せっかくマスコミに発表するのですから、効果的なタイミングを外さない
ようにしましょう。

写真が決め手になる場合も
・・・PRの裏ワザ

文章以外に、掲載されるために重要な裏ワザがあります。 それは写真です。 新製品リリースの場合、商品の写真をつけましょう。 新サービスなどモノではないことに関するリリースの場合でも、そのサー ビスのイメージを伝える写真をリリースに添えるようにしましょう。 イメージを把握しやすくなり、写真があった方が、写真がない場合と比べ ると掲載される可能性が格段に高くなります。

また、写真ありで雑誌や新聞に紹介された場合、誌面で紹介されるスペー
スが大きくなりがちです。

ただ、写真といっても、カタログやチラシを同封するだけではいけません。
画像処理、スキャンなどは面倒なので、マスコミがわざわざすることはあ
りません。相手に手間をかけさせないように、すぐ使ってもらえるような
状態を準備しましょう。

リリースを郵送する場合、写真は紙焼き、つまりプリントしたものを使い
ます。カラーと白黒の両方で準備を。

原稿と写真を分けると、相手がなくす可能性もあるので、原稿を書いたリ
リース用紙に軽く貼り付けましょう。すぐはがせるくらいに。

メールの場合は、デジタルデータ(jpegなど)で準備しておきましょう。

その商品に関心を持った記者や編集者は、他誌とは違った写真を使うこと
で、差別化を図ろうとして、「他に写真はありませんか」と連絡してくる
こともしばしばあり、また紙焼きでなくデータをそのまま印刷にまわした
いといってくるところもあります。

どのような要請にもすぐに対応できるよう、準備しましょう。

まとめ

7回にわたって、リリースの書き方を書いてきましたが、お役に立ちまし
たでしょうか?

リリースは広報・PRの基本中の基本ですから、何度でも繰り返し練習し
て、腕をあげてくださいね。


ベンチャー・中小企業はマスコミにこう売り込め!


« ニュース(プレス)リリースの書き方その6 | 一覧へ | 宝塚の夢―阪急のPR術 »

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]