リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー >

PRノウハウ・ハウツー

 

テーマ:記者会見をしよう

記者発表と記者会見の違い


正確に言うと、「記者発表」とは、単にプレスリリース・資料の配布をす
ること、をいい、「記者会見(記者発表会)」とは、会社の役員などが出
席して、記者に集まってもらい、口頭で説明をすること、をいいます。

たとえば、通常の新製品とは違った画期的な製品、あるいは是非とも記事
にしてもらいたい業績の発表などは、単なる資料配付ではなく、記者発表
会(会見)がベターです。

記事として掲載される確率がかなり高くなりますし、紹介される紙面の大
きさも大きくなりがちです。

またプレスリリースの配布だけでは誤解を招きかねないことを、口頭で念
を押しながら説明することで、正確な、好意的な記事を書いてもらえます。

なぜかといえば、記者から見て、実際にその会社の人から、プレスリリー
スに書いてないことまで聞き出すことができるからです。

なぜその商品を開発したのか、開発にどのような苦労があったのか、とい
った裏話が聞けることもありますし、その製品から離れて業績など経営面
の情報なども、質疑応答の時間に聞き出すこともできます。

記事を書く場合に、内容に膨らみをもたせることができますし、ついでに、
周辺情報も入手できるので、記者の出席率が格段にアップし、記事になり
やすいのです。

モニタリングもあり


実際に商品を持ち込む「サンプリング」よりも、
もっと記者の理解を得る方法もあります。

それは、実際に新商品を記者に使ってもらう方法です。

記者に一定期間貸し出しをして、その良さを直接利用者として、肌で理解
してもらうのです。「モニタリング」といいます。

ノートパソコン、デジタルカメラなどでよく使われている方法で、キヤノ
ンなどは、記者を集めた撮影練習会まで、定期的に開いています。

ここまでされると、記者も商品に親近感がわきますし、直接試したことで、
プレスリリースや他人から聞いた話でない、生の感想を書き込めるので、
かなり記事になりやすいです。

もちろん、商品によりけりですが、できそうな商品であれば、一度試して
みるといいでしょう。

雑誌などで「読者モニター」をときどき募集していますが、その記者版と
思ってください。

記者を「第一消費者」とみなすのも、1つの手です。

クラブの注意点


ここで、いくつか記者クラブについて、注意しておきたいことをあげます。

まず、「記者クラブ」もしくは「記者会」と名乗るところが、すべてPR
するために有用かといえば、必ずしもそうではありません。

たとえば、旅行記者クラブやレジャー記者クラブは、記者クラブ本来の目
的を果たすための「親睦団体」に過ぎず、記者室に記者が常駐しているわ
けではありません。

このような記者クラブもありますから、実際に記者クラブを活用しようと
いう場合には、事前にクラブに電話をして、活動実態を確認してください。

また、すべてのメディアが記者クラブに加入しているわけではありません。

雑誌はほとんどありませんし、テレビも名前だけ加入で、記者の常駐して
いないところがけっこうあります。全国紙でも通信社任せにしているクラ
ブもあります。

私の経験で常駐が最少だったのは、日経+共同通信+時事通信、だけでし
た(笑)。

「記者クラブ」にいくつか問題点があるのは事実ですが、PRをする企
業にとっては、一度に主要マスコミと接することができる記者クラブは
非常に使い勝手のいい機関ですから、これを活用しない手はないで
しょう。

« ニュース(プレス)リリースの書き方その6 | 一覧へ |

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]