リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー >

PRノウハウ・ハウツー

 

テーマ:ニュースリリースの書き方その1

ニュース(プレス)リリースを書こう

今日から数回にわたって、ニュース(プレス)リリースの書き方をお話し
ます。PRの基本になることですから、ぜひ覚えて活用してくださいね。
「いい商品を持ってはいるものの、知名度が低くて売上が伴わない」
「ふんだんな宣伝費があれば、メディアに広告を打てるのに」
中堅・中小企業の方から、よく伺うお話です。

しかし、宣伝費をかけなくても新聞や雑誌に掲載されることは可能です。
広告としてではなく、<記事として紹介してもらえばいい>のです。

しかも広告と違って、記事として紹介されるということは、いわば編集部の
お墨付きをもらったようなもの。編集部に「この商品はいいですよ」とか「こ
んな商品は面白いでしょう」と推薦してもらっているですから、
<広告よりも読者から信用を得られやすい>のです。

もちろん、広告と違って必ず掲載されるというものではありませんし、掲
載されるとしても、いつ掲載されるかも分かりません。が、そのようなデ
メリットを考慮しても、トライする意味は十分にあります。

マスコミはどうやってニュースを集めるのか?

「とはいっても、新聞社や雑誌社に知り合いはいない」
「有名企業ではないから、記事として紹介されるなんて考えられない」

まあまあ、そんなに急がないで。まず相手の手の内を知りましょう。
新聞や雑誌、テレビの記者や編集者、ライターの人たちはどのようにして
記事の素材を集めるのでしょうか?

たいていは日ごろの取材から得たり、どこかで誰かに聞いた話をネタにし
ています。場合によっては、ほかのメディアが取り上げたものを自社でも
採用しています。

しかし、媒体からの取材を待っていてばかりでは、なかなか記事になるも
のではありません。だったら、こちらから働きければいいのです。

ここでプレスリリースを使います。
<プレスリリースは、企業の規模に関係なく、媒体に対し容易に自社の
PRができる道具>なのです。

記者の元には毎日大量のリリースが・・・

企業に規模に関係なく、媒体にアプローチできるため、様々な企業が媒体
に対しプレスリリースを出しています。その結果、一人の記者の元に毎日
数十通のプレスリリースが寄せられています。
私も日経記者のとき、机の上に山になっていました。

そのため、その大量のプレスリリースの中から、記事としてあなたの会社
のニュースを記事にしてもらうためには、それなりの工夫が必要です。

マスコミの人たちにとって、他の新聞や雑誌より早く情報を仕入れ、詳し
く書くというのが彼らの使命であり目標です。

そういう観点から、1社限定ではない(特ダネではない)、<他の媒体同時
に同質の情報がもたらされるという特徴を持つ>プレスリリースは、まず
読んでもらうことが大切になります。

ではプレスリリースを読ませ、記事を書いてもらうためにはどうすればい
いのでしょうか?


ベンチャー・中小企業はマスコミにこう売り込め!


« 記者発表は専門の記者クラブで | 一覧へ | ニュース(プレス)リリースの書き方その2 »

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]