リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー >

PRノウハウ・ハウツー

 

テーマ:ニュース(プレス)リリースの書き方その3

5W2Hがリリースの基本

事実を伝えるには「5W1Hを盛り込め」、とはよく聞く話ですが、プレ
スリリースの場合、Why(なぜ)、What(何を)、Who(誰が)、Where(どこ
で)、When(いつ)そしてHow(どのようにして)の5W1Hに、How much
(いくら)をあわせた「5W2H」が、必要最低限とされています。

ただ、前回もお話したように、5W1Hだけが書いてあればいいわけでは
ありません。

「あ、そうなんだ」といった発見や驚き、あるいは「どうして」といった
疑問を呼び起こしてこそ、ニュース性があるのです。興味を持たせる、も
っと知りたいと思わせる必要があります。

記者や編集者というのは、情報を商売のネタにしている人たちですから、
いわば好奇心や探求心の塊。一般の人たちより、ずっと感度が高いのです。

そのような人たちが関心を示す書き方を心がけましょう。

WHO(誰が?)・・・あなたはどんな会社?

では、記者や編集者が興味を示すプレスリリースとはどのようなものか、
5W2Hについて考えてみましょう。

いうまでもなく、WHOにあたるのは、社名です。しかし、「株式会社A
社」と書いたところで、トヨタやソニーではない場合、あなたの会社がど
のような会社か理解できる人は、ほとんどいません。

この事実をしっかり自覚してください。(つらいことですが・・・)

ではどうするか?
「枕詞(マクラコトバ)」を使いましょう。

「株式会社A社」でなく、「○○を主力製品として製造している株式会社
A社」とすれば、業界紙の記者でなくともあなたの会社がどのような会社
であるか、すぐ分かります。

さらに、このような書き方をしておけば、A社が「新規事業としてサービ
ス事業を立ち上げる」といったニュースを流す場合に、「おっ、新しいな」
と記者にインパクトを与えることもできます。

そしてこのインパクトこそ、記事として取り上げられる第一歩なのです。
ですから、あなたの会社が何を主力事業として行っているのか、Whoの
項目で書くことをおすすめします。

枕詞を探す、作る

会社を説明する部分をできるだけ簡潔に書くことも、ポイントのひとつ。

さらに、この部分にたとえば「事業継承事業を行っている」とか「アニメ
のフィギュア製造を行っている」というような、最近話題になった言葉
などが入っていれば注目率は一段とアップします。(こじつけはダメ)

流行に限らず、言葉を捜してみる、場合によって生み出してしまうのもOK。

たとえば、ある食品会社が「アクセントフード」という言葉を用いていま
した。メインディッシュにはならない食材、つまり「酒のつまみや付け合
わせなどを扱っている」という意味ですが、うまい言い方だと思います。

的確に会社を示すことばを考え、その言葉をプレスリリースで枕詞として
使うことにより、徐々にマスコミのあなたの会社に対する認識が高くなり、
理解も深まって、記事として紹介される可能性も高くなっていくはずです。

発売日などはできるだけ明記

新製品発売のリリースを書く場合には、「○月○日から発売します」と、
なるべく発売日を明記しましょう。

どのメディアであっても、原稿の締め切り日時というものがあり、発行時
期というものがあります。リリースを見て、採用するかどうかを考えると
き、担当者は「これは今のせるべきか?」を必ず検討します。

発売日が書いてあれば、「次の号にまわしても大丈夫」とか、「無理にで
も今回載せよう」とか、手を打てます。

しかしこれがないと、「いつでもいいんだ」「もう他で掲載されているか
も」といった気持ちになり、後回し(マスコミでは、ボツという)になり
がちです。

<マスコミは気が短い>と覚えてください。

万が一、発売日がプレスリリースを出す際には決定できない場合には、
「9月頃」というような書き方は避け、たとえば「8月下旬」とか「9月
上旬」というように、できるだけ限定した形で発売日を書くようにします。

(つづく)


« ニュース(プレス)リリースの書き方その2 | 一覧へ | ニュース(プレス)リリースの書き方その4 »

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]