リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー >

PRノウハウ・ハウツー

 

テーマ:ニュース(プレス)リリースの書き方その4

「WHAT」(何を)で差別化する

WHOの次は一番大切な「What(何を)」です。この「何を」をうま
く表現することができるかどうかが、プレスリリースをうまく書くカギです。

たとえば新製品の場合、「新型のコンピューターを発売!」だけでは、ど
こが従来の製品と違うのか分かりません。「どのようなところが従来の製品
と違うのか」をわかりやすく書かなければならないのです。

また、「他社の製品とどこがどのように違うのか」その特徴をキチンと伝
えることができなければ、記事として取り上げられる可能性はなくなります。

繰り返しますが、記事として紹介されるためには、ニュース性がなければ
なりません。今回のネタについてのNEW(新しさ)を的確に、ここで表
現しなければならないのです。

でなければ、せっかくマスコミに送ってもゴミ箱行き、と思ってください。
つまり「何を」の部分に差別化=商品力を表現すること、が必要なのです。

たとえばデザインが斬新だったり、より便利な機能が付いていたり、消費
者のニーズを的確に捉えたこれまでになかった商品であることがうまく表
現されていれば、記事として取り上げられる可能性は高くなります。

誰が読んでもわかる文章で書く

気を付けたいのは、その違いを説明する際に、「専門用語や業界用語をな
るべく使わない」ということです。

プレスリリースを書く基本は、「誰が読んでも分かる」こと。記者は読者
にわかりやすく伝えるのが仕事です。過去の取材などを通して様々な知識
を蓄えているでしょうが、万が一その専門用語を知らなかった場合はその
用語を調べなければなりませんし、誤解したまま掲載されるかもしれません。

いったんリリースを書いたら、まわりの人に読んでもらい、理解できるか
確認をとりましょう。「うーん?」と言う人がいたら、「わかる!」とい
われるまで、書き直しましょう。
数をこなせばできるようになります!

WHY(なぜ)とHOW(どうやって)で引き付ける

リリースの作成に慣れてきたら、<血肉>を加えてみましょう。
<血肉>とは建前でなく、記者や編集者にとって、驚きや発見、好奇心
をかき立てるポイントのことです。Why(なぜ)とHow(どのように
して)の部分を使います。

たとえば、なぜ新商品を発売することにしたのか?どのような背景があっ
たのか?このような(なぜ)を伝えることで、業界がどんな課題を
抱えているかとか、トレンドはどこにあるかを把握できます。

また、その製品を開発する上で、なかなかクリアできない問題があったと
します。では、その問題を(どのようにして)解決したか?マスコ
ミの好奇心を呼び覚ますことにつながります。

きっと「もっと聞いてみたい!」と思うはずです。そうなれば、シメたも
の。「なぜ」とか「どのようにして」といった背景は、その製品の開発者
たちが、どのように考え行動したか、ビビッドで、クリエイティブな営み
を伝える部分です。

そこには様々なドラマがあり、苦労や努力といった、ネタの生きている部
分が垣間見られるのです。

リリースの<骨格>である「商品名」「発売開始日(WHEN)(WHAT)」
「商品の特徴」そして「価格(HOW MUCH)」「問い合わせ先(社名)」
以外に、ぜひ<血肉>をつけてみてください。

<血肉>付リリースのメリット

血肉を伝えるプレスリリースのメリットは、単に掲載の可能性を高めるだ
けではありません。新製品であっても、新製品コーナーだけでなく、他の
面での掲載も狙うことができます。

たとえばその新製品を開発できたのは、最近注目のナノテクを応用した結
果だとします。リリースにそのことを書いておけば、「ナノテクとは何?」
といった特集記事を組む時、紹介される可能性も出てくるのです。その場
合、メディアでの扱い、読者の注目度もアップします。

新製品コーナーでは4、5平方センチ程度の掲載が多いですが、特集コー
ナーの場合は、より詳しく紹介される可能性が高いです。

さらに、「これからどんなものがヒットしそうか」とか「ナノテクを使っ
た商品には何があるか」といったテーマに合って紹介されるということは、
編集部のお墨付きをもらったも同然ですから、読者から高い信頼性を得る
ことができます。

(つづく)

« ニュース(プレス)リリースの書き方その3 | 一覧へ | ニュース(プレス)リリースの書き方その5 »

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]