リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー >

PRノウハウ・ハウツー

 

テーマ:ニュース(プレス)リリースの書き方その5

すべてを書いてはいけない

前回は、記者や編集者の好奇心をかき立てたるポイントをいれておきまし
ょう、とお話しました。

とはいっても、開発の背景などをあまり詳しくプレスリリースに書いてい
たら、文字量も膨大になります。長すぎるリリースはかえって敬遠されて
しまいます。

ではどうすればいいのでしょうか?

たとえば、リリースでは開発の概要だけを書くにとどめ、すべてについ
て詳しく書きすぎてはいけません。チラリとだけみせて、「まだ出してい
ない情報がありますよ」とにおわせるのです。

「おや?」と思う記者がいたら、ラッキー。
もうこちらのワナにかかったようなもの。疑問を抱いたら、解決せずにい
られないのがマスコミ人ですから、すぐさま問い合わせの電話がかかって
くるでしょう。

また「腑に落ちない」書き方をするというのもひとつの方法です。
たとえば、現在のトレンドに逆行する手法をとったことだけをリリースに
書きます。すると記者は、「なぜ?」とその理由を知りたくなり、取材を
かけたくなります。

こちらとしても「腑に落ちない」部分こそ、実は取材して欲しいところな
のです。リリースだけより、取材を受けたほうがはるかに効果的であるこ
とは間違いありません。単純に働きかけるのでなく、向こうからきてもら
えるよう、知恵をしぼりましょう。

記者や編集者に読む気をおこさせるには?

次は、文章構成を考えてみましょう。

読み手(記者)の立場に立ってプレスリリースの構成を考えることがなに
より大切です。記者の立場に立って、というのは、つまり記事化しやすい
構成で文章を考えるということです。

逆にいえば、記事がどのような順番で書かれているかを考えれば、リリー
スの文章構成をどのようにすればよいか、自ずと分かるでしょう。

まず大切なのは<タイトル>

リリースを読む前に、それが新製品に関するものなのか、業績に関するリ
リースか、あるいは役員人事に関するリリースなのか、を一目瞭然で伝え
るのがタイトルです。

また、記者の読む気を起こさせるかどうかを決めるのも、タイトル如何に
かかっているといえます。

タイトル作成に7,8割のエネルギーをつぎ込め

ですから、1?2行程度のタイトルに、リリースにつぎ込むエネルギーの
7、8割をさきましょう。それくらい大事な部分です。

たとえば、「新製品を○月○日に発売」ではなく、「△△に悩む人待望の
新製品を○月○日に発売」というように、新製品を形容する言葉を表現し
たり、「日本一の○○を誇る」とか「世界初の○○」といった言葉を加え
ましょう。

かといって、ウソはいけません。ここがテクニックのみせどころ。

たとえば、<日本で4番目>といった場合には、正直にそれをタイトルに
表現してもインパクトに欠けますよね。それならば、「日本一クラス」と
表現しましょう。

他の業界や商品では事例があるものの、自分の業界や商品ではない場合、
タイトルには「初」と表現したうえで、後述の本文中に「他では前例はあ
るが○○業界(○○商品)では初めて」と、詳しく説明するといいでしょう。

(つづく)

« ニュース(プレス)リリースの書き方その4 | 一覧へ | ニュース(プレス)リリースの書き方その6 »

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]