リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー > 日経ヴェリタスはバロンズになれるか?

PRノウハウ・ハウツー

日経ヴェリタスはバロンズになれるか? 

テーマ:日経ヴェリタスはバロンズになれるか?

20年ぶりの新しい新聞

日本経済新聞社が、日経金融新聞(略称KS)をやめて、代わりに、「日経ヴェリタス」という新聞を08年3月中旬から創刊します。

新聞となっていますが、週1回だけの発刊で、毎週日曜日に発売。72ページ。
タブロイド版(夕刊紙みたいな体裁)です。新聞として珍しい、すべて横書きでもあります。

(ちなみに、「サンケイEXPRESS」は、一般の新聞を読まない若いネット世代を狙って、横書き、コンパクトな情報量にしている)
87年のKS創刊以来、20年ぶりの新しい新聞になるので、会社として相当気合が入っているようです。

トライした日本版「バロンズ」

「日経ヴェリタス」は、アメリカの「バロンズ」という投資雑誌をモデルにしています。

「バロンズ」は、ウオールストリート・ジャーナル紙も発行する、ダウジョーンズ社の週刊専門紙です。現在31万部発行。21年創刊なので、87年の歴史があります。(日本でいえば、大正8年!)

部数はそれほどではないのですが、媒体特性として「市場が知る前のニュース」といわれ、将来予測に力を入れており、投資行動に影響力を持つ人たちが読む新聞として、高い評価を受けています。

数年前、金融リテラシー(基礎的な能力)の普及に関心を持って、アメリカに行き、アレコレ情報を収集したことがあります。(こんな「誰でも理解できるやさしい経済コンテンツ」を作成していた)
こちら

そのときに「バロンズ」をみつけ、「これは日本にないマネー誌だ」と直感しました。日本のマネー誌は歴史が浅いこともあり、金融機関の影響力が強すぎる、と感じていたからです。

日本人は投資について初心者もいいところで、金融の自由化によって、さまざまな商品が登場したものの、やっとこれから自分で勉強していこうという水準だったので、もっと読者の視点に近いメディアが必要だと思っていました。

帰国後、すぐに講談社に話を持ち込み、「一緒に創ろう」と働きかけ、ダウジョーンズ社とも、いろいろ協議した覚えがあります。

ちょうど、その出版社がビジネス分野に進出を模索していたからなのですが、結局雑誌ではなく、書籍を中心とする方針に決まり、私の案はお蔵入りになってしまいました・・・

バロンズに近づけるか

 「日経ヴィリタス」のHPを見ると、日経として意欲的に、新たな試みをしようとしているのがわかります。

スピードを重視した、ネットとの連携(紙を否定できないからね。。。)や、KSの後釜なので、ランキングや格付けは続けるようです。さらにカラー化など。

面白いのは、「記者紹介」。
いずれも金融畑の長い専門記者たちが執筆に当たるようですが、個人のプロフィールや意気込みを、スナップ写真とともに紹介しています。(知人のI記者のユーモアあふれるコメントは、おもわず笑いました)

「スター記者を作らない」方針の下、個人プレーを戒めてきた日経としては、画期的だと思います。私は、前回のメルマガで述べたように、「ファンのできる記者の育成」が必要だと考えるので、とても評価します。

ただ、KSの廃刊にもたついている間に、サブプライム問題が起き、創刊のタイミングとしては、最悪になってしまっています。KSの4万部を超えられるか(あくまで公称だったが)、最初のハードルがあります。

また、一般紙の記者から「日経は企業寄りすぎ」といわれるように、日経全体として、川上からの視点が多いことも要注意でしょう。

<投資家の新聞>を標榜するなら、しかも個人投資家を取り込みたいのなら、川下に重点を置いた内容が不可欠でしょう。
「日経マネー」はじめ、マネー誌との差別化もテーマです。

本家「バロンズ」に、質・量とも、どこまで近づけるか。
期待しつつウオッチしていきたいと思います。


日経新聞にこう売り込め!


« 中国産ギョウザと国際PR | 一覧へ | 日経新聞ベンチャー市場部解体 »

コメント

zwrot podatku z holandia, praca na terenie holandii, zwrot podatku holandia, odzyskaj zwrot podatku

This is impressive poste for a long period i 窶ve ever read. Can i have your contact please? I have somthing to communicate. Merci.

naklejki ナ嫩ienne to zaskakujトce ozdoby do pokoju naklejki naナ嫩ienne ornamenty architektura naklejki scienne udekoruj

zwrot podatku odzyskaj naleナシny Ci podatek

Me and my friend were fighting about an matter similar to this! Now I know that I was right. lol! Thx for the information you post.

コメントを投稿

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]