リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー > 記者にとってのネットと新聞の違いとは?

PRノウハウ・ハウツー

記者にとってのネットと新聞の違いとは?

テーマ:記者にとってのネットと新聞の違いとは?

偉大なロイターがビジネスに呑まれる?

 前回お話した、ロイターの買収劇は、同社の記者たち、さらには日本の記
者にも動揺を与えているようです。

英BBCも、「150年以上もロイターは独立した偉大な報道機関だった。
しかしもうそうではなくなった。ロイターのジャーナリストは不幸だ」
と述べています。

ロイターは世界130カ国以上に200の支局を置き、2400人の記者を
配置し、世界中のニュースを提供しています。

ちなみに、国内メディアでは、最大規模の日経新聞ですら、35支局、
170人の記者・現地スタッフにすぎません。(だから、日本メディアの国
際ニュースだけではもの足りない、とよくいわれます)

経済情報はカネになる

とはいえ、すでにロイターの売上の9割は金融情報サービスでした。
現実から言えば、さらにビジネス拡大を目指した、といえなくもありません。

ニューズ・コーポレーションのマードック会長がいうように、
「経済情報はカネになる」のです。

日本でも、日経が日経テレコンやクイックで利益をあげているほか、社団法
人である共同通信(各新聞社の加盟料で成立しているので、営業活動でき
ず)は、株式会社共同通信という別会社で、時事通信社もMAIN・JMS
などを提供し、金融情報で相当の収益を得ています。

世界的な金あまりの中、一瞬でも早く有効な情報を求める動きが加速してい
ます。金融機関だけでなく、個人投資家も同じでしょう。

記者にとって、ネットと新聞という媒体の違い

ところで、記者にとって、ネットと新聞という媒体の違いは微妙にある、こ
とをご存知でしょうか?

早大の先輩で今は日経の支局長の方が、就職試験のとき、日経と共同と
NHKのすべてに合格しました。しかも、すべて一番で!

その先輩に日経を選んだ理由を聞いてみると、
「やっぱり書いた記事が残るのがいいよね」でした。

通信社は速報に重点をおき、どんどん取材したその場から記事を発信しま
す。私が新聞記者のときは、「締め切りがなくて(時間に追われるので)、
「紙面の印刷を待たなくて(待ち時間が長いので)いいなあ」と思いました。

が、当人たちにいわせると、「いつどの新聞・テレビに掲載するのか自分で
決められない。どこに載ったか、あとにならないとわからん」とのことでし
た(あとで掲載された新聞が手元に送られてくる)。

テレビはご存知の通り、瞬間芸で、すぐに流れ去ってしまいます。そのため、
「インパクト重視になり、深い掘り下げがしにくい」と記者はいいます。
(これに限界を感じ、作家に転身する記者・ディレクターも多い)

ジャーナリズムとビジネスの距離

あとになって、私も一部を実感しました。

記者になってまもなく、日経でも速報サービス(クイック)が始まったの
で、私も新聞用と別に、同じネタで速報用記事も書いていたのですが、やは
り事実関係のみのコンパクトな文章(数行)を求められ、「味気ない」、
「記事を書いた気がしない」と思ったものです。

ジャーナリストとしてのやりがい、記録性がなく(ネットに載っても、すぐ
消え、軽い気がする)、手応えのなさを感じてしまうのです。

ロイターの買収などで、メディアがどんどんビジネスライクになっていくの
は避けられそうもなく、ネット革命はさらに進行します。日本も例外ではい
られないでしょう。

もうかるのはネットのビジネス速報、でも記者の醍醐味は・・・

単なるレポーターでは、職業としての興味も減るでしょう。
ビジネスとジャーナリズムのハザマで、今後、マスコミにおいて、大きな課
題になりそうです。


日経新聞にこう売り込め!


これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]