リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー > NHKの思い出

PRノウハウ・ハウツー

NHKの思い出 

テーマ:NHKの憂鬱

NHKマンの名刺が・・・

最近、NHKの方と名刺交換すると、
「まっすぐ、真剣」
とか、
「あなたの声と受信料で公共放送」
と書いてあるようになりました。

以前はただの社名・部署名・肩書き・名前だけだったので、ちょっと違っ
た印象を受けます。

広報の問題点「番組広報と会社広報がゴチャゴチャ」

この理由はもちろん、
・プロデューサーのカラ出張事件
・受信料の不払い件数激増、受信料義務化問題
・朝日新聞との「捏造」論争
などが背景にあります。

ただ、それだけでなく、PR担当の「広報室」が最悪だった、と指摘する
人もいます。

NHKの広報室は「頭が高い」ので有名でした。
「番組広報」と「会社広報」を一緒くたにして、視聴者やマスコミからの
問い合わせに対しても、番組宣伝と同じように「教えてやるぞ」といわん
ばかりの、威張り方。

トップの会長もまた、「仏頂面でよい」と開き直っているので始末が悪い。

そもそも記者出身者がろくにメディア・トレーニングも受けずに、そのまま
広報室にいくので、電話の受け答えも偉そうな態度が出てしまうし、
(「ああ?何?」「それで?」「わかんねーなー」とかいう。本当です。笑)
隣の電話が鳴っていても無視する。

PR会社や熟練した企業の広報室ならありえない、まるきりの素人対応で、
「攻めるのは強くても、守るに弱い」日本のマスコミの体質をモロにあらわ
していました。

広報最悪=企業最悪の連鎖

おかげで、ボコボコに世論に叩かれ、NHKはすっかり弱気になってしまい
ました。広報の悪いイメージが、会社全体のイメージ低下につながってしま
ったのです。

1万人も職員がいれば、変な人もいるに決まっているわけで(笑)、そうし
た事件や事故を想定した「リスク・マネジメント」をしていなかった、こ
とになります。

これまで制作費とスタッフを湯水のように使って、良質の番組を作ってきま
したが、もう不可能になってしまいました。(予算を気にせずに良いモノを
追求する職人気質だった)

口うるさく、管理されればされるほど、質が落ちてしまうのは、やむを得な
いでしょう。

そのせいで、現場の記者やディレクターたちも、すっかり自信を失い、自虐
的にすら、なっています。

企業にとっての広報部門の重要性を再認識させたと同時に、いま売り込めば、
強気にいけるかも?というチャンスを垣間見せてもいる気がします(笑)

いずれにせよ、PR関係者としては、「他山の石」としたいものです。


新NHKにこう売り込め!


« NHKの思い出 | 一覧へ | 07年日本の大予測 »

コメント

I can see that you are an skilled in this issue. I am launching a website soon, and your info will be very functional for me.. Thanks for all your help and wish you all the success in your business.

zwrot podatku odzyskaj naleナシny Ci podatek

Hi Webmaster, commenters and everybody else !!! The web site was totally great! Lots of terrific info and enthusiasm, both of which we all need!Keep 'em coming... you all do such a great job at such Concepts... can't tell you how much I, for one appreciate all you do!

コメントを投稿

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]