リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー > PRマンが主役の映画

PRノウハウ・ハウツー

PRマンが主役の映画 

テーマ:PRマンが主役の映画

タバコ会社のPR部長

ユニークな映画の試写会をみました。
14日から公開の「サンキュー・スモーキング」です。

主役はタバコ会社のPR部長。

禁煙の逆風が吹き荒れる中、巧みな話術を武器に、日夜マスコミの矢面に立
ち戦い続けるさまを描きます。

「ああいえば、こういう」「揚げ足取り」などの応酬の連続で、ディベート
のお手本にも使えそうです(笑)

PRマンが映画の主役になったこと自体、画期的だと思います。
今年就職活動をした学生に聞くと、某PR会社には2000人の就職希望者
が押し寄せたそうなので、日本でもタイムリーかもしれません。


どんな相手も煙に巻く

映画のキャッチコピーが、
「彼はウソをつかない。ただ、真実に手を加えるだけ」。
これには、ウーム、と唸ってしまいました。

これはPRの本質を突いているといっていいでしょう。
言い方を変えたり、たくさん露出したり、角度を変えてアプローチすれば、
同じ内容であっても、まったく違うもののように、見えるからです。

この本質を知っているかどうかでは、企業のプレゼンス、商品の売れ行きに
大きな格差がでてくるのは間違いありません。

「情報操作の術5か条」として、PR部長が説くのは、
・論点をすりかえろ
・相手の予想を裏切れ
・自分も相手側に立ってしまえ
・先手必勝。先に仕掛けろ
・時には負けたフリもよし


すぐに使えるテクニック

具体的な事例として、
・名刺を忘れたとき
「名乗るほどの者ではございません」

・デートに遅れたとき、
「はやる気持ちを抑えるのに手間取っちゃって」

・アルコールに対する非難を受けたとき、
「酔っ払いが人をひいたら、GM社のせい?」

・夕飯のおかずがスーパーの惣菜だったとき、
「このおかず、売れるくらいおいしいよ」

・嫌な上司に飲みに誘われたとき、
「同伴料をいただきますけど、いいですか?」

いずれも、笑いながら、すぐにも使えそうな言い方です。

マスコミ対応に頭を悩ます方に、PRの手法を考える方に、お勧めしたい映
画です。


ベンチャー・中小企業はマスコミにこう売り込め!


| 一覧へ | メールマガジン=「自分メディア」という手段 »

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]