リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー > 小泉首相にPRを学ぶ

PRノウハウ・ハウツー

小泉首相にPRを学ぶ その7

テーマ:いい人ではダメ!

広告における「いい人」考

広告のコンサルティングをしていると、ときどき困った事態に遭遇します。たとえばこんな例。

客観的にみても、かなり優秀な技術であったり、珍しい商品であったり、人の役に立ちそうなサービスである場合、「ぜひこれを世間に知らしめたい!」と血が騒ぎます(笑)。

わりと熱くなりがちな性格であることも、重なって、「もっと宣伝しましょう、これもアピールしましょう」と商売も忘れるほどにのめりこんでしまうことがあります。

お客さんも、外部から評価されて嬉しいらしく、「そうですか。そう思いますか!自分では自信があったんだけど、当たっていましたか」と喜んで、最初は盛り上がってくれます。

ところが、いざ広告物を制作しよう、あるいは制作したとたん、「やっぱりやめておきましょう・・・」と急に冷めてしまうのです。

「なぜ??」と聞くと、「いやあ、よく考えてみると、そんなたいしたものではありませんよ。ははは」「そんなことはないです。これだけの優れものは、そうそうあるわけではありません。早くアピールしないと、どこかが先に出してしまいますよ!?」

ビジネスは別物

いくら強調しても、いったん冷めた熱はもう二度と、沸点には達しません。せっかく盛り上がったのに、ひゅるひゅるひゅる、としぼんでしまいました。。。

こうしたことを言い出す人は、とても「いい人」が多いのです。家に帰れば、やさしいお父さんであり、会社では人望の厚い社長であり、社会でも尊敬を集めていたりする場合が多い。

ではどうして?

日本人の美徳である、「謙譲の精神」が突然頭をもたげてしまうのです。
「そうはいってもねえ」
「私なんて・・・」

こういうとき、とても残念で、悲しい気持ちになってしまいます。

誰かに迷惑をかけるわけでもない、文句もつけようがない、世の中の役に立つ、会社の利益に確実に貢献できる。

良いこと尽くしなのに、当の本人が、明確な理由もなく、ブレーキを踏んでしまうのですから。

しかし、これでは、せっかくの汗と泥にまみれた苦労がむくわれません。むざむざと、自分の得られるはずの利益を他人に明け渡してしまいます。

遠慮は無用

個人レベルでは、私はこういう人が大好きです。心から尊敬の念をもってしまいます。自分に欠けている部分だと自覚しているのかもしれません。

ただ、ビジネスにおいて、このやさしさは無用!

「誰がなんといおうと、ウチの商品は世界で一番だ!」
「俺の会社より、優れたところがあったら、見せてみろ!」
というくらいの気迫がほしい。 絶対の自信を見せ付けてほしい。小泉首相の狂気がほしい。

どうみても人の役に立って、利益を生み出すことがわかっているのに、むざむざそれをあきらめてしまう、しかも、自分自身の心のブレーキによって、というのは、間違っています。

誇大表現はよろしくないでしょう。しかし思い入れの強さや、その価値を十分に知らしめる広告は、決して恥ずべきものではなく、むしろ胸を張って、主張するべきです。

はっきりいいます!
「広告に遠慮は無用」


ベンチャー・中小企業はマスコミにこう売り込め!

« 昭和天皇メモ、その日経記者は? | 一覧へ | 他人の話を聞かない »

コメント

@Markus I get your drift on where you were going there. I often think of my past and use it as a means to analyze where I am and where I want to get to. Where I struggel is balancing it all out. How do you guys balance things out?

So not really on the same topic as your post, but I found this today and I just can't resist sharing. Mrs. Agathe窶冱 dishwasher quit working so she called a repairman. Since she had to go to work the next day, she told him, 窶廬窶冤l leave the key under the mat. Fix the dishwasher, leave the bill on the counter, and I窶冤l mail you the check. Oh, and by the way窶ヲdon窶冲 worry about my Doberman. He won窶冲 bother you. But, whatever you do, do NOT under ANY circumstances talk to my parrot!窶 When the repairman arrived at Mrs. Agathe窶冱 apartment the next day, he discovered the biggest and meanest looking Doberman he had ever seen. But just as she had said, the dog simply laid there on the carpet, watching the repairman go about his business. However, the whole time the parrot drove him nuts with his incessant cursing, yelling and name-calling. Finally the repairman couldn窶冲 contain himself any longer and yelled, 窶彜hut up, you stupid ugly bird!窶 To which the parrot replied, 窶廨et him, Spike!窶

Just killing some free time on Stumbleupon and I found your article . Not normally what I prefer to read about, but it was certainly worth my time. Thanks.

My partner and I enjoyed reading this write-up, I was just wondering do you ever trade featured articles? I'm always in need of someone to make trades with and merely thought I would ask.

I am constantly seeking someone to alternative posts together with, I'm a student and also have a web log right here on our university website. The subject of your respective blog and writting fashion would go great in a few of my category's, let me know if you are up for this.

I have some different insights.

After reading a number your posts I actually found this specific one to generally be great. I've a weblog as well and would love to repost some snips of your content on my personal weblog. Should it be okay if I do that so long as I personal reference your site or create a one way link to your post I took the snip from? Otherwise I understand and could not do it with out your authorization . I have book marked this valuable posting to twitter as well as facebook account for reference. Anyhow many thanks either way!

It is pleasing to me how top hands must follow a complicated project like this matter.

This actually does bring typical citizens together.

I would take into account any , given that the is typically better.

It's as fair as can be.

The enigma is doing this without.

Coincidence?

It is a powerful technology.

We'll look at why is selling at a discount.

Whatever used to bother newbies about their now pales in comparison to.

Warm regards

Nice site, nice and easy on the eyes and great content too.

We have to ponder just what were the odds that these delicately flowering musings concerning.

There are a handful of esteemed slants in this area.

Fabulous blog post will have to, you placed time and effort and energy engrossed I can tell! Your entire web site is amazingly pleasant as well. Just how long does the idea just take anyone to construct this site up to exactly where it is right now?

cheap hotels in killarney town,hotels in killarney special offers

list of hotels in killarney co kerry,cheap hotels killarney ireland

cheap hotels killarney town centre,hotels in killarney city centre

コメントを投稿

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]