リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー > 小泉首相にPRを学ぶ

PRノウハウ・ハウツー

小泉首相にPRを学ぶ その2

テーマ:ワンテーマ

では、それはなぜでしょうか?

一言でいうと、「わかりやすい」「切れ味がよい」からです。

選挙を何度も戦った経験からいうと、時間の限られた、短い選挙運動期間中にたくさんのことを、有権者に訴えるのは、とても難しいです。

街角で演説をしてみても、ほとんどの人は通り過ぎてしまいますし、ビラや選挙公報などを熱心に読む人も限られています。

候補者としては、まじめにいろいろと考えているので、あれもこれも本当は言いたい、話したいのです。

しかし、ほとんど届かない・・・
まじめな人ほど、話が難しくて、理解に時間がかかる、という結果になってしまっています。(私の近しい菅直人がそうです。笑)

マスコミの功罪

とくにマスコミがどんどん発達してきているので、じっくり考えるより、パッと見のよさ、耳障りのよさが非常に重要になっています。 小さな発言やうわさが、あっという間に増幅されて、瞬く間に広がってしまうからです。

小泉首相は、「人生いろいろ」発言で失笑を買いましたが、今度は「郵政民営化は是か否か」によって、一気に政局の流れ=メディアの流れを作ってしまいました。

これは、広告宣伝戦略として、非常に有効でした。

(ずっとマスコミを重視してきた首相秘書官の飯島氏の手腕も、かなり入っていると思われます)

覚悟を決めた上での、スパッと手を打った切れ味に良さに、政策の中身うんぬんより、多くの人はリーダーシップなり、美学なりを感じ取って、小泉人気を盛り上げてしまいました。

何より、それほど郵政民営化に関心があったとは思われないのに、急に選挙が大きな話題になったのが、その証拠です。

「刺客」を送り込む手法は、マスコミの格好の取材対象になり、嫌でも「民営化賛成は改革派、反対は守旧派」のレッテルを貼られてしまいました。

中小企業へのヒント

この小泉広告戦略は、じつに多くの示唆に富んでいます。

ぜひよ〜くウオッチングして、自社の宣伝と比べてみてください。

次回、どうやって企業宣伝に生かしていくか、をお話します。


ベンチャー・中小企業はマスコミにこう売り込め!

« 一点突破の効果 | 一覧へ | 繰り返し〜AIDMAの法則 »

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]