リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー > メディアへのアプローチ方法

PRノウハウ・ハウツー

メディアへのアプローチ方法

テーマ:電話アプローチ

媒体を知ること

まず第一に必要なことはなんでしょうか?
それは、どのような媒体があるかを知ることです。

たとえば、雑誌といっても様々で、経済誌から情報誌、業界誌、女性誌、コミック誌、ホビー誌など様々な種類の雑誌があります。
その数は2000〜3000誌以上あると思います。

そして、自動車やバイクの専門誌だけでも100誌以上。
女性誌に関してもティーンエージャー向けから、20代向け、30代向け、40代向けと年齢別に区分されているだけでなく、同年代向けの雑誌でも、庶民派?の雑誌からセレブ志向の強い雑誌まで、と読者層がかなり細分化されているのです。

続きを読む »»

テーマ:持ち込みアプローチ

電話アプローチの意味は

相手が知り合いならともかく、全く面識のないメディアに電話をしても、すぐに掲載が決まるようなことは、まずあり得ません。

では、なぜ電話でアプローチをするとよいのでしょうか?

重要なのは、「刷り込み」と「差別化」。

リリースが届いていることを確認すると同時に、社名や商品名を耳にさせることで、記者や編集者の記憶に残るようにすることです。

続きを読む »»

テーマ:取材しやすい企業とは?

企画提案の3つのポイント

メディアに持ち込む際の提案のコツ、取材しやすい企業とは?などについて、お話します。

新聞の(生活家庭面の)特集コーナー、雑誌の特集は、似たようなものを比較するという構成が中心です。
その場合、掲載されると、広告換算で数百万円から数千万円も効果がある(全国紙の場合)といわれています。

前回あげたリゾートクラブの場合は、すでに取材を終えたコーナーに割り込んだという形でしたから、それほど大きくではありませんでしたが、逆に、こちらから企画を考えて持ち込めば、もっと大きく紙面を割いてもらうことが可能です。

続きを読む »»

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]