リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー > 表参道ヒルズ

PRノウハウ・ハウツー

表参道ヒルズ

テーマ:表参道ヒルズ

表参道ヒルズについて、PRの視点からお話します。

70年ぶりの建て替え

表参道ヒルズにいってきました。(実は人ごみが苦手。笑)

以前立っていた財団法人・同潤会の青山アパートは、日本の共同住宅の先駆けとして知られ、
ユニークなファッションメーカーなども入居していましたが、
老朽化が進んだため、約70年ぶりにまわりの環境にあわせて建てかえられました。

コンセプトは、「歴史性の承継と地域との協調」「ケヤキ並木と調和した潤いとにぎわいの創出」
「地域の防災拠点」などでした。

設計は、世界的に有名な建築家の安藤忠雄氏。

珍しいのは、対話型計画であったこと。

一方的に計画をまとめて、了解を得るのではなく、安藤氏が提案した2つの案について、
周辺住民や行政が対話しながら、計画を模索していったところ。

  詳細は拙著「東京再生情報」(講談社刊)

   

抑えの効いた大人の街



そのため、六本木ヒルズや汐留などのおしゃれなイメージででかけると、がっかりするかもしれません。

かなり「抑え」が効いています。

実際に作ったのは、やはり「ヒルズ」なので森ビルですが。

単にファッショナブルなだけでなく、「地域」「歴史」「調和」の視点が色濃く出ているからです。
並木にあわせるように、地上の高さは3階建てにおさえ、その分、地下5階まであります。

何より気がついたのは、客層が原宿とまるで違っているところ.
明らかに中高年層が多く、これまで原宿の主役であった10−20代は、居心地が悪そうでした。
「原宿を大人の街に取り戻したい」という地域住民の声を反映しています。

建物内部は、吹き抜けを囲んで回廊型になっており、表参道を散策するイメージのまま、ショッピングができます。
チョコレートのお店にはずっと行列ができていました。
個人的には、ラジコンカーで遊べる模型ショップ、日本酒の利き酒のできるお店、杉でできた家具店などが気に入りました。


自社のPRへの視点



お台場の「レインボーブリッジ」以降、それまで単なる道具に過ぎなかった、
建築物そのものが主役になり、注目を集めるようになりました。
「丸ビル」「六本木ヒルズ」はその代表例でしょう。

これから派生して、自社のPRについて、商品や事業内容だけでなく、
別のアプローチも考えてみては、いかがでしょうか?
「建物」でもよし、「オフィス」でもよし、はたまた「社内制度」「教育システム」などでもいいかもしれません。

このやり方の先駆者として、
「ユニークなオフィス」のリンクアンドモチベーション、
「早朝会議」のトリンプインターナショナルなどがあります。(そのうち詳しくご紹介します)
とくに、商品のみえづらいB2B企業にお勧めしたい発想です。

マスコミに露出し、企業価値を高める方法はいくらでもあるのです。
商品だけがブランドになるわけではありません。
自分の会社を第三者の視点から、違う角度から見直し、
なにかPRのネタになるものはないか? 
いつも念頭においていたいものです。




ベンチャー・中小企業はマスコミにこう売り込め!


続きを読む »»

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]