リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー > 動機付けをしてあげよう

PRノウハウ・ハウツー

動機付けをしてあげよう その3

テーマ:ハーレー、ナイキの例

ハーレー・ダビッドソン

今日は例をいくつか紹介しますね。

まずハーレー・ダビッドソン。

ハーレーダビッドソンは、オートバイのメーカーですが、単に「ゲタ代わり」の二輪車を売っているわけではありません。

では、何を売っているのでしょうか?

ハーレーに乗ることで得られるライフスタイル、満足感、充実感を売っているのです。

その価値は「自由・独立」であり、「男らしさ」です。ハーレーの所有者はここに共鳴し、自らを表現するものとして、ハーレーを選ぶのです。

技術的にはホンダのバイクの方が優れているのに、ハーレーでなければというフアンが多いのは、ひとえにこのためです。

ナイキ

続いて、ナイキです。
NIKEは、72 年にスポーツシューズを発売し、 12年間でアメリカでトップになり、 14年間で世界のトップになりました。

発売した当時、トップブランドといえば、アディダスでした。
ナイキはアディダスを追い抜くために、まず大学のコーチ・選手と相談しながらシューズを開発するところから始めました。

お客様に直接ニーズを聞いたわけですね。

また、広告をだす予算がなかったので、彼らにシューズを無償提供しました。ナイキのシューズをはいた選手が活躍することで、新聞やテレビのマスコミが注目して、一般の人にもブランドを広げていったのです。

つまり、最初のお客様に、パブリシティ(広告塔)として、働いてもらったわけです。

やがて広告を出すようになると、出演者を有名選手ではなく、将来有望な選手にしました。タイガーウッズと契約したのは、まだアマチュアのときです。

2社から学ぶこと

これらのケースから、あなたは何を学びますか?

ハーレーの特徴は、強烈な個性にあります。その主張は他のバイクメーカーを圧倒するほど明確で、独善的ですらあります。商品自体が表現するもののために、お客様を選んでいるといってもいいくらいです。

あなたの商品やサービスの個性はなんでしょうか?

ナイキにはベンチャー精神を感じます。
頭で考えずに、足を使って、身近なところからヒントを得る。
マスコミを上手に利用する。お金に頼らずに、自分の目で選ぶ。

そのウラには相当数の失敗、苦労もあったでしょうが、手間ひま、時間をかけて積み上げていった過程がうかがえます。

時間はどんな人にも平等ですよね?


ベンチャー・中小企業はマスコミにこう売り込め!

« 手助けをしてあげよう | 一覧へ | まさか?呆れた首相官邸の旧広報体制 »

コメント

zwrot podatku z holandia, praca na terenie holandii, zwrot podatku holandia, odzyskaj zwrot podatku

naklejki naナ嫩ienne to niezナF ozdoby do mieszkania naklejki naナ嫩ienne roナ嬪iny dziewczynka naklejki scienne udekoruj

Have you ever considered placing more clips to your web site posts to keep the subscribers more interested? I mean I just read through the entire post of yours and it was quite fantastic but since I'm more of a visual learner,I found that to be more helpful well let me know how it turns out!

コメントを投稿

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]