リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRノウハウ・ハウツー > 陸上自衛隊の広報

PRノウハウ・ハウツー

陸上自衛隊の広報

テーマ:陸上自衛隊・朝霞駐屯地

今回は、陸上自衛隊・朝霞駐屯地(埼玉)でヘリコプターに試乗をした時の話です。
自衛隊の広報についても、考えてみたいと思います。

「親しまれる自衛隊を目指す」とかで、「りっくん」(陸上だから?)なるマスコット・キャラクターまで作り出し、グッズ販売しているのに面食らいながらも、まずは、戦車や装甲車などを見学。

見せてもらったフィルムでは、軍用オートバイのアクロバティックなハンドルさばき、落下傘部隊の降下訓練など、日常の訓練の風景が次々に映し出されました。
(カッコよく作ったつもりらしいが、ストーリー性がなく、あまり印象に残らず。予算がなく、手つくりしているらしい)

また、現在も続く、イラク・サマワでの人道復興支援活動の状況を伝えるものもありました。
現地では、道路の敷設、水道の整備、学校・病院の復興などを手伝い、喜ばれているようです。

私の中東の経験(パキスタン、イラン、アフガニスタン、トルコ程度だが)からも、中東の人々は日本人に好意的です。
「ロシアに勝ったのはすごい!」(日露戦争のこと)
「日本人だから空手をやっているだろ。黒帯か?」
「原爆を世界で唯一落とされたんだよね」
などと、いいながら、見知らぬ人にお茶や食事を、何度もおごってもらったことがあります。
石油をたくさん買っていることも、理由のひとつでしょう。

イスラム教の影響で、「男は強くなくてはならない」という意識が強いため、空手を習っている人が多く、日本人で一番有名なのは、極真空手の創始者・大山倍達氏です。

こうしたことから、現地の自衛隊は「日の丸」を大きく服や車両に描き、「アメリカとは違うんだ」と強調して、ゲリラの攻撃を避けているそうです。

続きを読む »»

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]