リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > 社長日記 >

社長日記

代表の伊藤が、これまでメルマガ「広告の達人」の中で、好奇心のままに書き綴った、 時事問題・政治・IT・旅行・スポーツ・ビジネスなどのエッセーをまとめています。

テーマ:働かないけど豊かなスエーデン人?

働かないスエーデン人

スエーデンを旅行して驚いたのは、商店やレストランの閉店時間の早いことでした。

博物館や美術館だけでなく、一般のお店でも、閉店は午後4時。
レストランもバー以外は、8−9時で終了してしまいます。

ちなみに、一般のお店の開店は朝10時ですから、6時間しか開いていないことになります。

なので、うっかり朝寝坊して、午後から街にでたりしていると、何も買い物ができないうちに終わってしまいます。

夏休みだからなのか?と調べてみましたが、そうでもないようで、1年中こんなサイクルでした。

家庭を大切にする

最近ある調査で、父親が家庭で夕食を19時に食べている比率を国際比較したものをみました。

それによると、スエーデンのストックホルムでは、8割が19時に家庭で食べていました。
つまり家族と一緒に夕餉を済ませているわけです。

確かに午後4時に仕事を終えていれば、どこかに寄り道しても、十分19時に家に到着することができます。スエーデンのお父さんは、余裕を持って、家族と長い時間をすごしている、という証明でしょう。

一方、パリでは5割でした。そして、東京はなんと2割!

うーん・・・
日本のお父さんは、やはり仕事が忙しすぎるのでしょうか?
ほとんどの人は、家で夕食を食べずに、外で、会社の人か、仕事関係の人と食事を済ませているということなのでしょう。

日本の父親は子供の教育に参加せず、というのが「常識」のようですが、これだけ社会の多様化・複雑化が進むと、社会から離れて久しいお母さんだけでは厳しいかも。


ベンチャー・中小企業はマスコミにこう売り込め!


« スエーデン列車の旅 | 一覧へ | モンゴル体験記その1 »

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]