リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > 社長日記 >

社長日記

代表の伊藤が、これまでメルマガ「広告の達人」の中で、好奇心のままに書き綴った、 時事問題・政治・IT・旅行・スポーツ・ビジネスなどのエッセーをまとめています。

テーマ:旧満州路を行く

清王朝と満州国を歩く

 中国の東北地方へ旅行しました。
最近、中国の歴史に興味を持っていて、いろいろと本を読んで
いたため、私のクセで、つい自分の目で現地を確かめたくなる
のでした(笑)

成田から飛んだのは、まず瀋陽(遼寧省)。
かつて奉天と呼ばれていました。

中国の近世を支配した王朝である清は、当初、ここに首都を築
きました。なぜなら彼らは中国の大多数を占める漢民族ではな
く、東北地方にもともと住まう満州民族(女真人)だったから
です。

それ以前に金という国を建てたことがありますが、その後は分
裂していたのを、17世紀に「ヌルハチ」(姓は、愛新覚羅<ア
イシンギョロ>と読む)という英雄が出て、民族を統一、新王
朝を始め、瀋陽に都を置きました。

北京に攻め込んで、中国全土を治めるようになったのは、第三
代皇帝のときです。そのため、初代と二代の皇帝のお墓は瀋陽
にあります。

張作霖・張学良の豪邸

北京に故宮(紫禁城)という有名な王宮がありますが、瀋陽に
はその前に皇帝がいた「瀋陽故宮」があります。

巨大な北京のそれに比べると、規模はささやかではありますが、
質実剛健を思わせる宮殿が並んでいました。

半農半猟という満州人(モンゴル人は全猟)が弓矢と馬を持っ
て、満州の大草原や朝鮮半島との国境の山地を駆け回り、広
く支配地を広げていった姿がしのばれます。

ちなみに、満州というのは、女真人が「文殊菩薩」(仏教)を
信仰していたため、自分たちを「マンジュ」と呼んだことに
由来するそうです。

瀋陽はまた、近代になって、軍閥の張作霖・張学良一族が支配
した地でもあります。日本史で習った、張作霖爆殺事件はここ
で起きました。日本の関東軍が邪魔になった彼を暗殺し、のち
の満州事変につながっていきます。

張一族の邸宅をみたのですが、これが驚くべきことに、ヨーロ
ッパ風の大理石を積み上げて造られた3階建ての洋館でした。

よくもまあ、昭和の初期に、中国の奥まった場所に、こんなお
しゃれな家を造ったものだと感心しました。今でも十分プチホ
テルか結婚式場として使えそうです。よほどの権力・財力を
持っていたことがうかがえます。


日露戦争の舞台でもある

瀋陽はかつて奉天とも呼ばれ、日露戦争(明治時代)の陸地で
の雌雄を決した、奉天会戦の場でもあります。最近、NHKドラ
マ「坂の上の雲」(司馬遼太郎原作)で話題になっています。

とにかくだだっ広く、昭和初期の日本人が開拓の希望に燃えて、
わざわざ移民してきた気分が少しわかるような気がします。
(植民地を肯定はしませんが)

現在は工業都市として発展しており、人口は800万人もいます。

瀋陽駅の混雑は半端ではなく、タクシーの奪い合いにエネル
ギーを消費しましたが(笑)、ロシア(当時ロマノフ王朝)
が敷いた東清鉄道(のちの南満州鉄道)にのって、かなたまで
ひろがる草原を眺めていると、ツワモノどもの夢のあと、と
いう感慨が湧き上がってきました。

特急列車は4時間かけて、大連に向かいます。


(つづく)

« 大理石とシャンデリアのヤマトホテル 満鉄の旅 | 一覧へ | 駅弁がない!満鉄の旅 »

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]