リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > 社長日記 >

社長日記

代表の伊藤が、これまでメルマガ「広告の達人」の中で、好奇心のままに書き綴った、 時事問題・政治・IT・旅行・スポーツ・ビジネスなどのエッセーをまとめています。

テーマ:大理石とシャンデリアのヤマトホテル 満鉄の旅

大連のヤマトホテルにて


 中国の東北地方へ旅行した経験を書いています。
旧満鉄が経営していた、大連のヤマトホテルに宿を取り、ホテル内をブラブ
ラして、お茶でも飲むか、と「喫茶・スナック」の看板がある店に入りました。

すると、驚いたことに、ここにも玄関ホールと同じく、大理石の天井と壁
があり、大きなシャンデリアが飾ってありました。

広さは、7−80平米くらいでしょうか。L字型のカウンターがあり、内側に
コーヒーサイフォンや洋酒、グラスが並び、あとは数人ずつが座れるボック
ス席が3つ、小さなステージもあります。

見るからに、日本の都市郊外や地方都市にある、小さな喫茶&スナックの
ようですが、やはりよく見ると、大理石とシャンデリアが・・・
あまりのギャップの大きさに、クラクラしてきました(笑)


喫茶店からスナックへ変身


気を取り直して、窓際のボックス席に座り、コーヒーを頼みます。
中国は他のアジアの国と同じく「お茶の国」ですが、ちゃんとまともなド
リップコーヒーが出てきました。(ちなみにインドでは、今でも一流ホテル
でさえ、ネスカフェが堂々とでてきます)

ホテルは人民広場という円形の大きな広場の一角にあり、回りにもかつて
の日本が建設した石造りの立派な建物が並んでいます。夕暮れにたたずむ
街並みを見て、ひととき旅情に浸っていました。。。

すると、なにやら店内があわただしくなってきました。
3人ほどの女性スタッフがいたのですが、後片付けをして、帰り支度の様子。
店じまいなのかな?と思っていると、今度は、少し派手な服を着た女性
たちがバラバラと入ってきました。

「どうしたのか?」と聞くと、「今からスナックタイムになる」とのこと。

日本の喫茶&スナックの場合、単に店の照明やメニューが時間帯で変わる
だけですが、ここは、経営者そのものが入れ替わるのでした。したがって
、雇っているスタッフもすべて交代します。

あれよあれよと、一気に若い女性が10人以上も店内にあふれました。


ノーメイクの元日系OLママ


そういうつもりはなかったので、帰ろうとすると、1人の女性が、
「そのままいても構わないよ」と滑らかな日本語でいうので、また腰を落
ち着けてしまいました。

30歳前後で、ノーメイク。他に比べてやけに地味だな、と思っていたら
、なんとこの人が店のオーナー兼ママさんでした。

昨年まで大連の日系企業にOLとして勤務していたが、縁あってこの店の
権利を買い取り、水商売の経験ゼロのまま、ママになったのだとか。

「面白いなあ」、と思ったのが、運のつき。
この日から3日間、彼女とずっと過ごす羽目に陥ります。
(ベッドは別。念のため。笑)


« インドみてある記最終回 | 一覧へ | 旧満州路を行く »

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]