リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > 社長日記 >

社長日記

代表の伊藤が、これまでメルマガ「広告の達人」の中で、好奇心のままに書き綴った、 時事問題・政治・IT・旅行・スポーツ・ビジネスなどのエッセーをまとめています。

テーマ:現地でみたベトナム経済のパワー

戦争のイメージだったベトナム


ベトナムに行ってきました。
南部のホーチミン(旧サイゴン)です。

ベトナムというと、私の中では、<ベトナム戦争>のイメージがとても強くありました。
「お茶の間で見ることができた初めての戦争」といわれるように、米軍がメディアにオープンであったため、マスコミを通じて戦争の悲惨さが伝えられたことが大きかったと思います。小学生だった私は、ただただビックリしていました。

それもあって、今回も、開高健が従軍記者だったときに泊まっていたマジェスティックホテルを予約し、南ベトナム大統領官邸だったホワイトハウスを最初に見学するなどの予定を組んでいました。

ところが・・・


津波のようなモーターバイクの大群


街に着いて仰天したのは、ハエの如く道路を走り回るモータバイクでした。
100−150CCクラスの小型(原付バイク)ばかりが、ウジャウジャ。
通り一杯を占拠して、一斉に押し寄せてくるさまは、まるで津波のよう。

その昔(20年以上前)、初めて中国に行ったとき、自転車の大群が襲ってくるように感じて、驚きましたが、今度はバイクなので、騒音とスピードも加わっています(笑)

そのうるさいこと、臭いことは、はなはだしく、さらに、チョコマカ動くので、危ないこともこの上ありませんでした。都心でも信号があまりないので、大通りを横断するために、神経をすり減らし、瞬発力を発揮しなければなりません(笑)

現地では、これが自家用車の代わりなので、1人ではなく、2人、3人が一緒に乗って、郊外から1時間以上かけてやってきます。「ホンダは素晴らしいが、値段が高いので」と、現地メーカーのバイクに、ホンダのステッカーを貼っているのが流行のようです。

モータリゼーション(自動車が大衆に広く普及し、生活必需品化する現象。
自動車中心の社会化)の初期段階にあることがよくわかりました。


大きな可能性を秘めている


もうひとつは、繊維製品の品質の高さです。

お土産物として、ワゴンに山積みになっている観光客用Tシャツを買ったところ、とても肌触りがよく、厚みもありました。数々の途上国で、粗悪品のTシャツをつかまされきた(!)私としては、驚きでした。

ユニクロなどアパレルメーカーが、ベトナムに工場進出しているニュースは耳にしていましたが、土産物でこれだけのクオリティを出せるなら、世界一品質にうるさい日本人向けでも十分でしょう。

また、「午前中に英語学校へ通い、午後からここで働いている」とキラキラした瞳で話したホテルレストランの20歳ウエートレスの笑顔も忘れられません。アメリカとの戦争は過去のこととして(まだ枯葉剤の影響があるそうですが)、豊かさを求めて疾走する現在のベトナムの姿をあらわしているようでした。

これらを目の当たりにして、「BRICSの次にくる国」として、ベトナムが注目されている理由を実感しました。人口が9千万人もいて、平均年齢25歳というのも強みです(日本は1億2千万人、45歳)。世界で唯一アメリカに勝った根性と粘り、団結力が経済に向けられれば、相当の地位を獲得できるでしょう。

ベトナム株は、いまだリーマンショックから中々立ち直れていないようですが、投資先として十分に注目すべきと感じました。

« 駅弁がない!満鉄の旅 | 一覧へ | 熱海のゲストハウスつくり »

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]