リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRキーマンとの出会い

PRキーマンとの出会い

菅直人氏(民主党)

民主党の党首選挙

4月7日投票の民主党代表選挙に、菅直人氏が出馬しました。
小沢一郎氏との一騎打ちです。

彼とは20年来のつきあいであり、家族ぐるみのつきあいでもあります。
学生時代に、彼の自宅で奥さんの手料理を食べ、息子と遊びながら、彼の選挙運動をボランティアで手伝いました。
その息子はいま岡山で代議士を目指し、選挙運動中です。

菅氏が厚生大臣になったときは、ブレーンとして、参画しました。
薬害エイズ問題だけでなく、O−157問題では、犯人扱いされた(カイワレ大根)の誤解を解くため、彼に大臣室で、テレビカメラをいれてモリモリ食べさせたりもしました。

民主党のスタート時には、創設に協力し、候補者が足りないから、といわれ、私まで選挙に出るはめになりました。

菅直人のPR手法

市民運動あがりで、30代で政治家を目指した菅氏は、金もなくコネもなく、地元出身でもありませんでした。(父親はサラリーマン、東工大卒、山口県出身で、選挙区は東京)

そこで、(マスコミを味方にする)、ことを重点におき、選挙戦を戦いました。

漫画家の本宮ひろし氏と対談をして、イラストを描いてもらったり、選挙事務所にオープンスペースを設置して、小さなイベントを連日打ったり、とにかくマスコミの話題になって取り上げてもらうことで、有権者に告知しようとしました。

注目してくれた筑紫哲也さん(TBS・NEWS23キャスター)などとは、マージャン仲間にもなりました。

自民党の候補者たちが4−5億円をかけて選挙戦を戦っているというのに、菅事務所の予算はせいぜい2千万円くらいでした。

そのため、素人の手つくりで戦うしかなかったのです。

ファンを作る

選挙は人手がかかります。
国政選挙ともなれば、遊説、演説会、名簿集め、選挙はがき書き、電話作戦などで100人以上動員しなければなりません。

ところが、お金がない上に、身内と友人しか運動員のいない状況で、戦えるわけがありません。

そこで目をつけたのが、主婦と学生でした。
時間に余裕があって、お金にこだわらない。むしろ、面白さを優先する。
そんな彼らは、絶好のターゲットであり、また、しがらみがないだけに、菅氏の理念(自立した市民による社会の実現)に共鳴しやすい層でした。

我々学生が選挙カーのスケジュールや巡回ルートを決め、おばさんたちがハガキを書き炊き出しをして、ビラを配布しました。
皆でイベントのアイデアを考え出し、実行しました。

選挙のプロがいない分、何をやろうが発想は自由であり、候補者の大変さをよそに、かなり楽しんでいました。
お金をもらっていないのが強みでもあり、理想を実現しようという志もありました。

私たちが楽しそうに運動していると、どんどん人が集まってきました。(来るもの拒まず、去る者追わず)がスタンスでしたから、フラッときて居座るものもあれば、1日でいなくなる人もいました。

(変わった選挙をしている)と、運動員までマスコミ取材を受けました。

企業が学ぶこと

その後も長く続く友人も得ました。
下村健一(TBS サタデーずばっと!キャスター、久和ひとみ(TBS ニュースの森元キャスター)などです。

しかけを作ることで、人が集まり、アイデアがあふれ出し、大きなうねりとなって広がって、結局選挙戦は、トップ当選を飾りました。毎日のように支持が膨らんでいった手ごたえを覚えています。

やむをえない窮余の策であり、アテにならないリスクがありますが、ファンを作って、自律的に支持を広げる、マスコミの力を最大限活用する、といった方法は、中小企業、ベンチャー企業のPRにとって、十分参考になると思います。

菅氏が今回代表に当選したら、またここで詳しくそのPR作戦の経験談を書こうと思います。

P.S. 彼についての本も書きました。24冊ある私の著作の、第1作目でした。
(菅直人の一歩―薬害エイズ問題でなぜ官僚に勝てたのか?)(KKベストセラーズ)
(今でもアマゾンで、古本で1円で売っています。これはひどい!笑)

イメージアップ

前回、「マスコミを味方につける」というお話をしましたが、これは、つまりイメージアップ作戦の一環です。

自民党=大企業、と仮定すると、菅=ベンチャー企業、と自分たちを設定しました。
これまでとは違う政治家、何か新しいことをやってくれそうだ、という期待感を醸成することを狙ったのです。

自分に対する支持を得る、と同時に、自民党への批判票を取り込むことを考えました。
敵の敵は味方なのです。

そのためには、徹底的に、これまでの政治家のイメージ(金と欲にくらんで悪いことを裏でしている)をぶち壊し、清新な政治家像を創り出すことにしました。

ポスター作戦

具体的には、選挙ポスターに相当な力を入れました。

ポスターは、事前運動のときから、街に貼りめぐらされますし、本番ともなれば、選管がわざわざ掲示板を作って、目立つ場所を提供してくれます。

なのに、ほとんどの候補は、宣伝のおまけぐらいにしか、考えていなかったのです。

菅氏は、見ての通り、イケメンなのを最大限利用して、友人のカメラマンに頼んで、芸能人かモデルのように、100枚以上の写真を撮影しまくりました。

天気のいい日を選んで、バックにはさわやかな緑を配色し、淡いカラーのスーツを着て、ニッコリ微笑むポーズをとりました。

おかげで、ポスターは人気を呼び、女子大生がはがして持ち帰る事件が起きたり、ポスターを見てボランティアに駆けつける女性が後を絶ちませんでした。

ドブネズミ色のスーツで、むっつりした表情で写っているオジサン候補とは、明らかに違いました。

地道な活動

とはいえ、表面的な人気だけで、当選できるほど、選挙は甘いものでもありません。

毎日の地道な活動は欠かせません。
有力な支持団体や組合があったわけではないので、そうした組織へのあいさつ回りではなく、もっぱら街頭宣伝活動に力を入れました。

朝夕は、駅頭に立って出勤するビジネスマン・OLに訴えかけ、昼は、宣伝カーに乗って団地へ行き、主婦たちに呼びかけました。

正直、菅氏はあまり演説が上手ではありません。(今でも進歩がない。笑)
まじめな政策の話ばかりするので、大衆受けが悪いのです。「笑いの取れない」話し方です。

ホワイトカラーのビジネスマン相手ならともかく、団地の主婦に、これは旗色が悪いです。

誰が見ているかわからない怖さ

何度か遊説に同行しましたが、ガラーンとしたひと気のない昼下がりの団地で、1人ぼっちでポツンと演説するのは、なかなかつらいものがありました。

しかし、彼は止めようとしませんでした。選挙区内の各地を定期的に、ひたむきに回っていました。お金がかからないのはいいですが、根気のいることです。

学生であった私からすると、「なんと無駄なことをしているんだろう」という疑問が頭を離れませんでした。

私が本当の理由に気がついたのは、しばらくたってからです。

ある日、ビラを駅の近くで配っていたら、あるオバサンが、
「最近、菅さんがこないけど、どうしたのかしら?」
と話しかけてきました。

聞くと、ある団地の主婦で、いつも台所仕事や布団を干したりしながら、菅氏の演説を聞くともなく聞いているので、しばらく聞かないと心配になってきたのだそうです。

この女性は、別に菅氏の支持者というわけではありませんでした。
ですが、ひんぱんに、菅氏が演説するのを聞くうちに、
「内容を十分理解しているわけではないし、一生懸命聞こうとしているわけでもないが、耳になじんでしまった」
というのです。

この話を本人にすると、
「いつも壁のむこうに、話を聞く人がいる、とイメージして話している」
とのことでした。

つまり、彼は目の前にみえない人たちに、話かけていたのです。

PR担当者が学ぶこと

ひるがえって。

PRという仕事は、必ずしもすぐに成果を挙げられるわけではありません。
お金に換算して効果を説明するのも難しいので、あまり予算を割り当てられないこともしばしばです。

しかし、地道なPR活動は、必ず誰かが見ています。聞いています。
小さな信頼・信用は積み重なることによって、やがて、大きな実りをもたらします。それを忘れてはならない、と思います。

ホンネをいえば、菅氏が今のように、有力な政治家に成長するとは、予見できませんでした。
ちょっと毛色の変わった議員がいるなあ、と知る人ぞ知る、の程度だと思っていました。

ただ、薬害エイズ事件で大きく実績を作り、政権獲得を狙うところまできたのは、ひとえにこうした硬軟とりまぜた、長い時間をかけた手つくりの活動があったからだと思うのです。

一点突破の全面展開

連立与党を組んだとき、菅氏は厚生大臣に推され、就任しました。

就任が決まったとき、彼は我々にこういいました。
「これまでをみると、大臣の平均在任期間は、わずかに10ヶ月。
つまり1年に満たない。信じられないくらい短い。
ただ、そういっていてもしかたがないので、この短時間でなにができるかを考えてみた。

そこで、2つだけ実行しようと思う。
薬害エイズ訴訟の解決と介護保険制度の導入だ」

ということで、他の件はおおまかに済ませ、この2件についてのみに、エネルギーを集中させていったのでした。

いつもいっていた「一点突破の全面展開」(限られた力を1ヶ所に集中することで、最低限の目標を達成し、その後の大きな展開につなげる)という戦術を、このときも実行しようとしました。

そして、2つとも実現をはたし、薬害エイズ事件が大きくクローズアップされたことで、彼は政治家として大きく飛躍しました。
結局大臣在任はぴったり10ヶ月でした。

振り回されて見失わない

大臣経験者がよくいうことですが、
「就任した途端、各部署の官僚たちが津波のように次々に押し寄せてきて、どんどんスケジュールを決めてしまい、それにしたがって動いているうちに、終わってしまった」
というのが、実態なのです。

おまけに、もともと政策や業界事情を知っている省庁ならまだしも、なじみのない場合も多いので、「ご進講」と称して、官僚のレクチャーを毎日受け続けているうちに、すっかり洗脳されてしまい、官僚の操り人形になるケースが多いのです。
大臣の国会答弁は「官僚の作文」というのが常識です。

しかし、せっかく政治家として大臣になって権力を手にしたのだから、官僚に振り回されず、自ら信じるところに従って政策を実現したい、 それが彼の考えでした。

若いころから、厚生省がらみの問題に取り組み、当時地元選挙区に薬害エイズの被害者がいて、老人を家庭で介護する介護疲れ、社会的入院などにも詳しかったのは、幸いでした。

したたかに、しなやかに

薬害エイズ事件の活躍は周知のとおりですが、実際には彼は、官僚とけんかをしたわけではありません。

情報の公開、被害者への思いやりなど、他の政治家では成し遂げられなかったであろうことは確かですが、郵政大臣になったときの小泉純一郎氏が官僚と真っ向から対立し、大臣室で昼寝ばかりしていたのと違い、官僚を上手に動かし、和解に向けて軟着陸させました。

なぜなら、官僚は組織人であり、役割を与えればそのとおりに動くものだ、ということを知っていたからです。
いくら有力政治家であっても、7万人いた厚生省職員を敵に回して、秘書官と2人では、太刀打ちできるわけがない、実務が進まないのです。

このあたり、彼は現実的でありました。
理想をいうのは簡単ですが、実現しなければなんの意味もありません。
粘り腰、したたかさもまた、必要なのです。

[今回のまとめ]
 1.小さな力しかないなら、一点に集中を
 2.明確な主張がないと、振り回される
 3.目標を実現するには、現実的であること


ベンチャー・中小企業はマスコミにこう売り込め!

« 福井俊彦氏(日銀総裁)その1 | 一覧へ | 廣瀬和彦氏(テレビ東京プロデューサー) »

コメント

So not really on the same topic as your post, but I found this today and I just can't resist sharing. Mrs. Agathe窶冱 dishwasher quit working so she called a repairman. Since she had to go to work the next day, she told him, 窶廬窶冤l leave the key under the mat. Fix the dishwasher, leave the bill on the counter, and I窶冤l mail you the check. Oh, and by the way窶ヲdon窶冲 worry about my Doberman. He won窶冲 bother you. But, whatever you do, do NOT under ANY circumstances talk to my parrot!窶 When the repairman arrived at Mrs. Agathe窶冱 apartment the next day, he discovered the biggest and meanest looking Doberman he had ever seen. But just as she had said, the dog simply laid there on the carpet, watching the repairman go about his business. However, the whole time the parrot drove him nuts with his incessant cursing, yelling and name-calling. Finally the repairman couldn窶冲 contain himself any longer and yelled, 窶彜hut up, you stupid ugly bird!窶 To which the parrot replied, 窶廨et him, Spike!窶

Just killing some time on Digg and I found your post . Not typically what I like to read about, but it was absolutely worth my time. Thanks.

Have you thought about adding some differing opinions to your article? I think it might enhance my understanding.

My mother and I would like to develop a weblog similar to this for our website, I stumbled across your web blog looking for ideas on the theme as well as layout. I am taking some coding class while attending college and not confident that I would be able to develop a site such as this one just yet. Did you code this site on your own or use an expert?

After reading through some comments at your blog I really can't stop smiling. At least people communicate with each other, right :-)

Looking at several of your posts I truly found this specific one to be excellent. I've a weblog also and would wish to repost a number of snips of your articles on my personal weblog. Should it be all right if I use this so long I reference your web blog or generate a back link to your article I procured the snip from? Otherwise I am aware of and could not do it without your acceptance . I have book marked the posting to twitter and also facebook accounts intended for reference. Regardless appreciate it either way!

Reading some of your posts I seriously found this specific one to generally be very creative. I've a blog site as well and would wish to repost several snips of your content in my personal blogging site. Should it be all right if I do this so long as I reference your web blog or build a backlink towards the write-up I took the snip from? If not I realize and would never do it without having your endorsement . I have book marked the posting to twitter in addition to zynga account intended for reference. Regardless appreciate it either way!

is also quite popular.

I have been searching on the web hoping to get some ideas on how to get my web site coded, your overall design and theme are perfect. Did you code it by yourself or did you get a coder to get it done for you?

It will be a shocking sight.

What do those guys think?

I've never seen before this time.

Most competent people will do that on their own.

My primary goal is to help gentlewomen with.

I'm breaking new ground here when it is identified with.

This has irresistible magnetism.

really useful tips. I should have read this post some years back. Any how will share this post with my kids now and hope they make the best out of it.

The vital idea is the same.

How do communities hit upon online items?

Not surprisingly there are the timeless viewpoints respecting.

My good friend and I had been just talking over this specific topic, she actually is continually attempting to prove me wrong! I will present her this write-up not to mention rub it in a little!

コメントを投稿

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]