リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRキーマンとの出会い

PRキーマンとの出会い

橋本龍太郎氏(元総理)

薬害エイズ訴訟解決を妨げず

橋本龍太郎・元首相が亡くなりました。

68歳。登山や剣道で体を鍛えていた人だけに、 ちょっと意外な、早めの寿命でした。

宴会を好まず、仕事が終わるとさっさと帰宅して、 趣味のプラモデルやカメラをいじっている、 と記者の間でも評判の健康さでした。

小泉首相のようにインタビューしたことはなく、
直接は知りませんでしたが、
間接的にいくつか影響を受ける羽目になった人でした。

その1:私がブレーンをしていた菅直人氏が
橋本内閣で厚生大臣になったとき、
菅氏は「薬害エイズ訴訟の解決を最優先課題にする」
と決めていました。

当時自民、社会、新党さきがけの連立政権で、
菅氏は希望して厚生大臣になったものの、
厚生族議員の親玉である「ハシリュウ」がトップにいて、
はたして官僚を動かせるものか、
私たち周りは半信半疑でした。

ところが、初期の閣議の場で、橋本首相は菅氏に、
「私が初めて大臣になったのは厚生大臣だった。
しかし何もできなかった。
今回は私がバックアップするから、
思う存分やってくれ」といったのです。

本来もっとも敵(厚生官僚)側に立ってもおかしくない橋本氏が、
こうした態度をとったおかげで、
菅氏は自分の信念の赴くままに権力を振るい、
訴訟を和解に導いたのでした。
これはかなり大きかったと菅氏もいい、
私もそう思います。


金融ビッグバンをスタート、自由化へ

.


その2:98年に、「フリー(自由)・フェア(公平)・グローバル(国際化)」
を柱とする、金融ビッグバンを企画・立案・実行しました。

大蔵省(現財務省)の護送船団行政のもと、
銀行など金融機関は、役所のいうことだけ聞いていればいい、
金融機関同士の秩序が決まっている、
顔色をうかがう「MOF担」(銀行の役所担当)がエリート、
という時代が戦後ずっと続いていました。

おかげで、英米をはじめとする世界の金融マーケットからは、
「(英国がビッグバンをしたときから)20年も遅れている」といわれる始末。
これをなんとかしようとしました。

当時自分のテーマを探していた私は、「これだ!」と思いました。
金利の自由化、金融商品の自由化、
金融機関同士の競争が始まる=ニュースがたくさん出て面白くなる、
と直感しました。

そして、そのとおり山一證券・拓銀などの破綻、不良債権処理、
ITバブル、ゼロ金利、資産運用ブームなどへつながっていきます。

私の24冊に及ぶ著書の大部分は金融関連であるだけに、
経済ジャーナリストの端緒になったことになります。


衆院選に勝利、個性でPR



その3:薬害エイズ訴訟が解決したあと、
衆議院総選挙がありました。


菅氏が民主党を創設したので、
私はそこに参加、
成り行きで衆議院議員候補にもなりました。
(とにかく候補者が足りなかった。
菅氏との1回の食事で決まってしまった。笑)

橋本首相は今度は倒すべき敵になりました。
選挙戦で痛感したことは、橋本首相の人気でした。

とにかく中高年の主婦層の人気がすごく、
「リュー様」と呼ばれ、ポマード頭と苦みばしった表情、
ときおり笑うとかわいい、などと、面と向かっていわれ、
「こりゃ、勝てないなあ」とがっかりしたものです。

菅、鳩山両氏の若さは新鮮で、それだけがこちらの頼りでしたが、
とうてい及ぶものではありませんでした。
保守本流の経世会トップであると同時に、
国民的人気もあり、
このあたりは、今の小泉首相につながるところがあります。

日本の首相がその個性を持って、国民に支持を得る、
最初になった気がします。
「トップPR」といってもいいでしょう。

小泉氏と違って、本人はあまり意識しているようではなく、
パフォーマンスをした気も、PR戦略もなかったでしょうが、
自民党らしくない個性が受けました。

とくに、選挙は大衆の支持を得ないと勝てません。
大衆とは、その辺のオジサン、オバサンであり、子供のことです。
ホワイトカラーは高邁な政策、机上の論理、頭での議論が好きで、
ともすれば大衆を軽視しがちですが、社会を動かしているのは、
いつの時代も一部のエリートではなく、名もなき大衆なのです。

「賢くはないが、バカでもない、絶妙なバランス感覚の持ち主」
(田原総一朗氏)である大衆の支持なくして、
政治も、そしてビジネスも成立しえない。


ともすればビジネスマンも陥りがちな表面的な上滑りの無力さ、
きれいごとの薄っぺらさを体で認識させられた経験でした。

企業のPR、宣伝にしても、大衆(もっとも平凡に、平和に暮らしている
大多数の人たち)の心を動かす、
働きかける工夫がないと、失敗に終わる。
いまの仕事につながる教訓を得ました。




ベンチャー・中小企業はマスコミにこう売り込め!


« 福井俊彦氏(日銀総裁)その2 | 一覧へ | 不肖・宮嶋茂樹氏その2(フリーカメラマン) »

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]