リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRキーマンとの出会い

PRキーマンとの出会い

上田清司氏(埼玉県知事)

名刺はPRに最適

ドクター中松にお会いしたときに、名刺にたくさんの肩書き・プロフィールが並んでいて驚いた、 という話を書きましたが、もう一人、大変な名刺の持ち主がいます。  その方を紹介しましょう。

私は名刺のオモテに、肩書き・名前と並べて小さなカラーの顔写真をいれ、ウラに事業内容を簡
単に並べています。会社案内の縮小版のつもりにしているのです。

これは、政治にかかわっていた頃、埼玉県知事の上田清司さん(当時、民主党衆議院議員)
から学びました。

彼は「地盤・看板・カバン」のいわゆる政治家の武器がない、叩き上げの落
下傘候補(九州出身)として、代議士に初当選するまで12年かかりました。
その間あらゆる手段を使って、すさまじいPRに努めたのです。

駅の街頭演説のとき、東口で本人がマイクをもって話すと、当然ですが、西口の人には聞こえません。
別のときにまた西口でも演説しないといけないわけです。これは非効率だ、ということで、彼は、
東口で演説をするとき、西口にスピーカーをおいて、無線で音を飛ばし、西口の人にも
同時に聞こえるようにしました。

また始発から終電までのマラソン街頭演説をたびたび試みました。
朝に「おはようございます。いってらっしゃい!」
とサラリーマンやOLを送り出し、
夕方、夜に「お帰りなさい!」
とまた駅で迎えるわけです。

特に忙しい朝は、ほとんどの人が演説など聞いておらず、
「何か話している人がいるなー」
という印象程度ですが、帰宅のときも同じ人間がマイクを持っていると、
「ずっと話していたのか?」
と驚き、感心して、強い印象をもってくれるのだそうです。

このとき、彼は演説はもちろんなのですが、名刺を配ることに重点を置いています。
その名刺も大変なもので、つづら折になっており、8ページあります(笑)
中身は大きな顔写真にはじまり、経歴、政策、選挙区、事務所の地図など、
あらゆる情報が詰まっています。

つまり、1枚の紙ではなく、小さなパンフレットになっているのです。

その理由はこうでした。
「普通のパンフやビラはすぐに捨てられる。名刺はなかなか捨てにくい」

駅前で演説をやってみるとわかりますが、ほとんどの人は政治家のビラを受
け取らないし、たとえ受け取っても近くのゴミ箱に捨ててしまいます。
 これではモッタイナイし、効果をあげられない、と考え付いたのだそう。

猛烈な選挙運動で、代議士、県知事まで登りつめた上田さんの、
面目躍如といったところでしょうか。その根性に深く敬意を表した覚えがあります。

自社の商品やサービスを売り込みたい、ベンチャー・中小企業の経営者や、企業のPR担当
者の方も、せめて名刺くらい、真似てみてはいかがでしょうか?個性そのものでもいいし、
今売りたい商品を前面に出してもいいでしょう。いくらも費用はかかりません。

「たかが名刺、されど名刺」です。
恥ずかしがっていては、仕事にならないのは、政治家と同じだと思います。


ベンチャー・中小企業はマスコミにこう売り込め!


« NHK:松平アナとの再会 | 一覧へ | 私が会ったダライ・ラマ »

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]