リミテッド株式会社:お問合せはこちら
TEL:03-6403-3122 / MAIL:info@limited1.jp

PR会社・リミテッドPR|HOME > メルマガ「PR教室」 > PRキーマンとの出会い

PRキーマンとの出会い

橋下・大阪府知事のPR手法

意外?に頑張る

大阪府知事になった橋下徹氏の改革手法が注目を集めています。

テレビ出演で有名になっての当選だったので、正直、タレント候補程度の認識しかありませんでした。対立の民主党候補がショボかったので、勝って当然だったし。

「どうせ、青島幸男、横山ノック両知事みたいに、一時的な人気によるもので、具体策もないだろうから、すぐに失速するのでは」とみていました。

前の女性知事が鳴り物入りで登場したにもかかわらず、府議や支持団体に反目され、惨めな引退を余儀なくされた反動もあるかもしれません。

ところが、その後の行動を見ると、かなり大胆な予算の削減を提案したり、内部調整に斬新なやり方をしているので、
「これはちょっと違うかも?」という気になってきました。

PT公開討論は中曽根氏の真似?

とくに、財政再建プログラム試案(2008年4月11日公開)について、プロジェクトチーム(PT)を組織し、それぞれの担当部局と公開討論をさせ、「これはどういう理由で必要な予算」「こんなのはいらない」などと丁々発止のやりとりをさせたのは、PR的にもとてもユニークです。

従来、「机の下で握る」(裏取引する)ような、際どい内容について、オープンにしてしまったのは画期的です。テレビで脚光を浴びた知事ならでは、のメディア戦略といってもいいかもしれません。

支持団体よりも世論の応援をあてに、タレント顔負けの人気者としてあちこち出没して府民と交流を広げているのも、マスコミ受けします。
弁護士出身らしいパフォーマンス能力も長けているといえましょう。

予算削減の議論で、知事は行事役、傍観者の立場をとっていました。
といっても、知事がやりたい改革のためにPTを立ち上げているのだから、舞台を作ったプロデユーサーなわけで、本来おかしな話。

自分の言いたいことを代わりに他人に言わせて、頃合を見て、適度なところで決断を下す手法をとるようです。

ちょうどこれは、80年代に中曽根元首相が国鉄民営化や教育改革で、審議会を多用して幅広い議論を巻き起こし、世論も味方につけて、自分の目標を達成したのに似ています。

橋下氏が知っていたかどうかは不明ですが、なかなか策士のようであります。

テレビに出て反感買う労組

こうした既得権への斬り込みを見せられると、むしろ、さんざん裏金や賄賂などで遊んできたくせに、
「家族が多く、給料削減は反対」
「知事は横暴だ」
などと、いつまでたっても、誰に対しても同じ内容、反対のための反対意見しかいえない労働組合(自治労)が、ずいぶん色あせて見えます。

テレビの前で主張してみせていますが、かえって府民の反感を買っているだけではないでしょうか。

PR的に、皮肉をこめていえば、「メディアに取り上げられれば効果がある、とは限らない」良い例かもしれません。

HPもユニーク

大阪府の公式HPを見てみると、いきなり知事がニッコリ笑っている写真が登場します。一番目立つカテゴリーが「ようこそ知事室へ」。自治体で、こういうのも珍しい(笑)

知事の動き(写真付)、日程、記者会見(動画)、発言など公的言動を全開し、一方、知事への提言、寄せられた提言、部長会議(審議・報告の概要)、メルマガなど、双方向のコミュニケーションにも相当気をつかっています。

今日(2008年5月26日)の時点で22日の実施分まで掲載されており、営業日でいうと、中1日でのアップ。「お役所仕事」とは思えぬ、かなりのスピード感です。

こうして知事が奮闘しているのはよくわかりました。
しかし、マスコミは人気のあるときは持てはやしますが、いったんミソをつけると、途端に袋叩きに回ります。
これまで人気を集めながら失敗した政治家は、いずれもそうでした。

橋下氏がいつまでマスコミを活用しつつ、世論の支持を得られるか。
どこまで壁を突破し、実績をあげられるか。
期待しながらウオッチしたいと思います。


ベンチャー・中小企業はマスコミにこう売り込め!


« 弁護士の本音とその世界 | 一覧へ | 日本国のPR下手 »

これらの内容はメルマガと連動しています。
メルマガの登録はこちら。

3分でわかる!広告の達人
〜3分の1の予算で3倍の効果

日本経済新聞記者出身、マスコミの裏まで知り尽くしたコンサルタントが、知恵と汗と脳力(能力ではない)を使った、最小予算で最大効果をあげる広告・PRの手法を紹介します。発行部数10000部(まぐまぐ8000部+自社配信2000部) 経営者、広報・宣伝担当者の方、まだムダなお金を使っていませんか?

お名前 姓: 名:
メールアドレス
最新号サンプルはこちら]